Contents- コンテンツ -

how to wear? 好みの浴衣を見つけたら、自分で着付けをして好きな時に出かけたいですよね。
よどみなく自分の手でてきぱきと着付けする姿は、まさに和美人の鏡。しっとりと優美に着こなして、みんなの視線を集めましょう。

process - 着物の着付け方法 -

肌着を着ます。必要であればウエストにタオルなどを巻きつけ、補正します。浴衣に袖を通し、背中に縫い目がちょうど背中の中心を通るようにします。浴衣の衿を持って持ち上げます。

左側の位置(上前)を決めます。⑤一旦腕を戻して、同じように今度は右手(下前)の位置を決め、先ほどの上前の位置になるようにもう一度左手を持って行きます。

上前より3~4cm高くなるようにするときれいです。

腰紐を結びます。上半身はだぶついてもかまいません。下半身がきれいになるように注意して、浴衣を固定しましょう。

身ハつ口(わきの下の小さな穴)から手を入れて、おはしょりを整えます。

手を開いてシワをとります。前も後ろをきれいにとってください。

衿元を整え、衿の乱れを防ぐために[ベルト]を使用します。身ハつ口から入れて衿の橋をとめます。背中から前に回してもう片方の衿をとめて固定します。

衣紋を抜きます。背中を下に軽く引っ張ります。こぶし1つ分が目安です。

フリーベルトを巻きます。

- 帯の結び方 -

フリーベルトの上にメッシュ前板をしっかり貼付けます。

帯も片端を半分に折ります。 (長さの目安は約50cm)折った側を右肩に乗せて、左巻きに巻きつけていきます。

上帯がゆるんでこないよう、しっかりと2度巻きつけます。下の帯が出ないように注意しながら、平行に巻きます。

身体に巻いている方の帯を三角に折りたたみます。(折り目は内側に入れるようにしましょう)

右肩の上にのせた帯をおろしてきてひと結びします。あとでゆるんでこないように力を入れて結んでください。結び目を中心にして→のように帯を半回転させます。

先ほどまで右肩に乗せていた帯(二つ折りの方)を、今度は右肩に乗せます。残った長い方の帯を肩幅程度の大きさにたたんでいきます。

中心部分にギャザー(ひだ)を作ります。中心が片手で握れる程度まで細くしましょう。

右肩にのせた帯をおろしてきて、ギャザーの中心にかぶせ、帯の結び目の下をくぐらせ結び目を作ります。

9でつくった結び目をしっかりひっぱり帯のあまった部分は胴体の下にしまい込みます。

羽根の形を整えてから、帯の結び目を後ろに回転させます。最後にあまった部分を内側に折りこめば完成です。

variation- 帯結び方バリエーション -

胴周りに巻く帯を、白い紐が付いている部分を上に巻き付ける。
巻き終えたら、一度ここでしっかり胴周りをきつくしておく。
ここで、巻き方を緩くすると着くずれの原因になる。

帯の端がそのままだと、汚く見えてしまうので内側に、三角に折り込み、後ろに回す。何故時計回りなのか…。浴衣の衿は左が上に有るため逆に回してしまうと衿が崩れてしまう為。
紐できつく結ぶ。きついかもしれない…程度が良い。着ていくと帯と浴衣が慣れてちょうど良くなる為。
結んだ紐は見えないように帯の内側に入れ込む。浴衣と帯の間に始末する。

リボンのワイヤー部分を背中の中央に差し込む。
リボン部分にある二本の紐を脇の下から前にもってくる。この紐は、胸の前で結ぶ。
結び終えたら、胴周りの紐同様、内側に入れ込む。再度、浴衣と帯の間に紐を始末する。
白い紐が全て見えなくなるように入れ込んで始末したら結び帯の完成。

- 帯の結び方[彼女→彼Ver.] -

テの長さを約25cmとり、クリップで留めておく。折り目が下になるように、テの部分を半分に折る。

帯を前から背中にまわし、テが上から出るようにひと巻きする。その際クリップが背中の真ん中にくるように合わせる。
されにタレをふた巻きしてから、テとタレの下側を持って帯を締める。この時クリップを外しておく。
背中の中心でテとタレを合わせて持つ。

テよりも5cmくらい短い位置で、タレを持つ。
決めた位置から、タレを内側に折り込む。
内側に折り込んだタレの幅を折り目が下になるように、半分に折る。

タレの上にテを重ね、テが上にくるようにひと結びする。

帯上の位置で、タレを半分に折り返す。
折り返したタレをくるむように、テを上からおろす。

折り返したタレと結び目の間にできた輪の中にテを通し、右手でテを、左手でタレの左側を持って締める。
形を整えたら、「神田結び」の完成。テ先がピンと上を向いた、粋な仕上がり。

- 帯の結び方[彼女→彼Ver.] -

台紙から帯をはずす。その時三角結びにした所の糸は切らないようにする。
そのままのばす。

長いマジックが裏になるように一回巻きつけて小さいマジックの上に裏のマジックを止める。
さらにもう一回巻きつける。

結び端の下側の部分の裏にマジックがついているので胴に巻いた帯の一番下に上から折りまげてマジック同士をくっつける。

necessity– 着付けに必要なもの -

  • 前板
  • 伊達〆
  • 腰紐

浴衣下スリップ(肌着)

浴衣専用のインナー。浴衣に汗地味が
できないように、下に1枚着ておきましょう。

ベルト

崩れがちになる衿元を留めて、張りがあり綺麗な衿をキープしましょう。